腰痛の改善・予防に必要な2つの行動

ずっと座って仕事しているから腰が痛い、毎日力仕事だから腰にくる、毎日子供を抱っこして腰が痛い…など、腰痛に悩まされる方へ、自宅で簡単に腰痛ケアが出来る方法を紹介します。

まず、腰痛の原因のほとんどは「わからない」です。
レントゲンをとっても原因が特定できないことが多いようです。
しかし、腰痛になる様々な要因はあります。
・運動不足
・体の筋力不足
・肥満
・冷え
・長時間同じ姿勢でいる
・重量物の運搬、介護など力仕事を行う際の無理な姿勢・動作
・過度の心理的不安

これらのことに気を付ければ腰痛は予防できるので、心当たりのある方は改善を目指しましょう。

ですが、骨折、ヘルニア、腫瘍などによる腰痛もありますので、注意が必要です。
まずは一度医師の診察を受け、原因を探りましょう。

原因が分からない腰痛ならば、対策を取ることで改善出来ます。
コルセットを勧められる場合は購入し、装着のしかたを教えてもらいましょう。
医師から処方された湿布薬や塗り薬を使用して痛みを緩和します。

ここでやってはいけないことは「過度の安静」です。
痛みがおさまるまではベッドで安静にしたいのはやまやまですが、動けるまでに改善したら、無理のない範囲で日常生活を送りましょう。
過度に痛みを気にしすぎると、心理的なストレスが再発の要因になります。

動ける程度に痛みがおさまったら、次は腰痛にならないような体づくりを行います。

主に、この2つを行います。

・体を動かす
・食生活の見直し

体を動かす
まず、体力づくりのために必要なのは、体を動かす事です。
負荷がかかりすぎない有酸素運動として、ウォーキングをおすすめします。
1日15分~20分程度、毎日行います。

さらに行うとよいものが、腰痛予防体操です。
インターネット上や本などで紹介されるのを目にしたことがある方もいるかもしれません。

その中で、公益社団法人日本理学療法士協会が発行しているパンフレットに掲載されている「寝てできる腰痛体操」をひとつ紹介します。

1.まずはあお向けになります。
2.息を吐きながらおしりを5秒間持ち上げましょう。
3.息を吐きながら、片足を抱えて膝を方に近づけるようにして、20秒その姿勢を維持してください。両足とも行います。

引用
理学療法ハンドブックシリーズ3腰痛-公益社団法人日本理学療法士協会
http://www.japanpt.or.jp/upload/japanpt/obj/files/about/data/handbook03_1804.pdf

これらを続けることで腰痛の要因のひとつである運動不足を改善し、それに伴って肥満や筋力不足の改善にもつながります。

食生活の見直し

体重を増やさない食生活やエネルギーを消費することに努めましょう。
私事ですが、身長が157㎝で体重が70㎏を超えていた時期に腰痛と診断されたときは、医師から「体重落とそうね」と言われてしまいました。

運動強度によって1日あたりの摂取カロリーが違いますが、基本的にはこの数値を超えないように食事を調整します。

1日に必要なカロリーは、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書によれば、このようになります。

(男女18歳~64歳の数値(妊婦、授乳婦でない場合)を記載しています)

身体活動レベルI…男性2,200~2,300kcal、女性1,700~1,650kcal
デスクワークが多い方。座っていることが多い方。

レベルii…男性2,600~2,650kcal、女性1,950~2,050kcal
デスクワークが主だが立ち仕事もする方。軽い運動をする方。

レベルiii…男性2,950~3,050kcal、女性2,250~2,350kcal
移動や立ち仕事が多い方。スポーツをする方。

しかし、単に摂取カロリーを意識するのではなく、炭水化物、たんぱく質、ビタミンミネラルなど栄養バランスを意識する必要があります。

逆に、不足しすぎると体に必要な栄養が摂れずに体調を崩してしまうので、食事そのものを摂らないことは避けましょう。

男女ともに、一定の体重における基礎代謝量を下回らないようにします。
男性18~64歳:64.5~68㎏…1,480~1,530kcal
女性18~64歳:50.3~53.8㎏…1,110~1,160kcal

摂取カロリーと栄養バランスに気を付ければ、肥満の解消になり、腰痛の要因を減らすことができます。
栄養バランスの良い食生活を行うことで、ほかの体調不良を改善するきっかけになるかもしれません。

残念ながら、腰痛を改善する簡単な方法というものはありません。
日々の運動と食生活が大切になります。
この機会に自分の生活を振り返り、必要ならば見直すことをおすすめします。

腰痛改善は1日にしてならず。
生活に腰痛対策を取り入れ、地道に改善しましょう。

椎間板ヘルニアの原因について

 重いものを持ち上げた、あるいは、何かの拍子に、突然、立っていられないほどの腰痛が…。
急な腰痛のとき、まずは、安静にして無理に動かないことが大切です。ただし、足のほうに響くような痛みやしびれを感じる、排尿・排便ができない…こんなときは迷わずに病院で治療を受けてください。椎間板ヘルニアの心配があります。腰痛の原因で最も多いのが椎間板ヘルニアです。ちなみに私は行きつけの整体院があるのですが、ココがおすすめだと思っています。→ゆかい整体さん。(愛媛県松山市)
 椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割 床に座る場合、あぐらは正座や横座りより腰に負担がかかります(膝との兼ね合いによる判断も必要です)。
イスに座る場合、イスが高すぎると腰に負担がかかるので、膝が股関節よりやや高めになるように調節します。を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。この症状を※坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。また、ヘルニア日常生活で気を付けたいこととしてまず姿勢ですが、◎長時間に渡って同じ姿勢を取り続けないように注意腰には座っているだけでも思わぬ負担がかかっています。適度に休憩し、緊張をほぐし、負担をかけ続けないように工夫します。座る姿勢についてですが、運転の姿勢については、運転前に深く腰かけて背中を密着させた状態で足がペダルから離れすぎないようにドライバーシートを調節してください。また、運転中は適度な休憩を取ってください。車の乗り降りも注意が必要です。掃除機がけの姿勢については、掃除機のホースを身長に合わせて調節し、できるかぎり上半身を起こした姿勢で行いましょう。屈まなければならないときは、膝をついて行うようにするとよいでしょう。台所仕事などについては、台所仕事をするときは、足元に足台を用意して片方の足を交互に乗せて休ませると効果的です。また動作についてですが、持ち上げる、取る、ときの注意として、ものを持ち上げたり、取ったりするときは、腰を落として自分のほうへ引き寄せてからにします。中腰やひねりながらはやめましょう。また、自分より高い位置にあるものは、台を利用し、背中をそらさないように工夫します。運ぶときもできるだけカートを利用するようにすることが重要です。また持論として、ヘルニアの防止策としては、筋力トレーニングが有効であると思います。特に上腕二頭筋を鍛えるための、方法としては、純粋な腕立て伏せが有効であると思いますので、こちらを頑張ってやることによって、物の持ち運び等で腰に負担をかけるリスクを軽減できると思います。また、最も重要なのは、重い物を持ち上げる時に、完全にしゃがんで膝に力を入れて重たい物を持ち上げる時に腰への負担が少なくて済みますので、こちらの方も実践していけばヘルニア発生の原因対策になると思います。

腰痛の原因と対処法について

腰痛は、痛みを抱えていることが外からあまり察することのできないものです。手を挙げることさえないものの、実は腰痛に苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。私も十年以上の腰痛持ちですが、受験勉強の時などは、非常に困りました。腰痛がひどくなると、座ることもできなくなり、やむなく寝て過ごすしかなくなってしまいます。
一言に「腰痛」といえども、その症状は一つではありません。その代表的な症状を三つ上げたいと思います。
まず一つ目に、一般的に腰痛持ちといわれる慢性的な痛みは、「慢性筋肉性腰痛症」と呼びます。日常における姿勢や動作により、腰骨を支える筋肉に疲労がたまることが原因となります。疲労が積み重なり、血行が悪くなることから、鈍い慢性的な痛みを抱えることになります。
 次に「ぎっくり腰」という言葉もよく耳にするのではないでしょうか。重い荷物を持ち上げた時など、腰に急な負担をかけたときに感じる強い痛みのことです。腰椎の周辺にある小さな椎間関節や靭帯、筋肉などを捻挫した場合や、老化等、長期間に腰へ負担をかけた状態の場合、ちょっとした動作によって、ぎっくり腰になってしまいます。
三つ目に、よく聞く腰痛の種類として、「腰椎椎間板ヘルニア」を挙げます。長時間の座り仕事により腰骨に負担がかかった状態や、椎間板の老化などの状態から、急に腰に大きな力が加わることで起こります。背骨の間には、椎間板というゲル状の組織があり、クッションとしての役割を担っています。これが外にはみ出てしまったものを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼び、神経が圧迫されることによる足の痛みや痺れを生じることがあり、手術を要する場合もあります。
 そもそも、人間の行う二足歩行は、腰に大きな負担をかける姿勢です。犬を想像してみてください。体重を前足と後ろ足の四本で支えており、それは多くの動物にも当てはまります。しかし、人間はどうでしょう。二足歩行で手を使えるという大きなメリットはありますが、その中心、腰部には大きな不可がかかるようになってしまいました。ここで、今や国民病とも呼ばれる腰痛の、自分で行える処置方法を記述していきます。
 入浴は、血液の循環を改善するために、大きな効果を持っています。また、精神的なリラクゼーション効果も持っているため、心にも余裕を持つことができます。しかし、気をつける点は、炎症による腰痛の場合、温めるよりも冷やす方が効果的な場合もあることです。
 ストレッチを行うことも、腰痛改善のひとつです。仰向けに寝転がり、腰から下を左右、順番にひねります。また、腹筋や背筋を鍛えることも一つの手段です。骨ではなく筋肉で体を支えることで、腰への負担を軽くすることができます。
 上記の方法は、あくまで痛みが落ち着いた場合の対処法です。ひどい痛みがある場合には、まず安静にすることが第一です。他にも内臓の病気から感じる腰の痛みもある為、ただのよくある腰痛だと楽観視せず、重症化する前に医師の診察を受けることを勧めます。

腰痛の辛さ、腰痛の改善のためには

腰痛で苦しんでいるという方は多いと言われています。腰痛というと年配者や中高年の方がなりやすいのではないかというイメージがありますが、実はそうではなく、若年層でも仕事の内容だったり、普段の生活でなりやすいと言われています。
また、産後の女性の場合も腰に負担がかかってしまい、腰痛を発症することも珍しくありません。
そこで、腰痛の治し方ですが、どのように腰痛を治せばいいのでしょうか。
まず、急性の腰痛の場合、自分自身で治せない場合があります。腰痛は、すべてがマッサージや、自分の生活集団だけで治るものではありません。このため、腰痛を治す場合には、病院で治療をするのが最も望ましいといえるでしょう。
病院での治療の場合、主に痛み止めなどが処方されることが多く、また腰痛の原因をまずは探ることになり、レントゲンなどをとることになります。そして、レントゲンを取り、腰痛の原因がわかれば、その腰痛の事情に合わせて、何かしら、運動などを行い、腰痛の改善を行います。最近では、整形外科で、こういったリハビリテーション施設を併用していることも多くなっていて、治療という形でリハビリに通うことも多いです。
リハビリをすることによって、徐々に痛みが和らぐケースとそうでない場合があります。
たとえば、腰痛によっては手術などをしなければ治らないというケースがあります。その場合には、別の大病院に紹介をしてもらい、手術をするということになります。どういった場合に、手術になってしまうのかというと、たとえば、ヘルニアだったり、骨折などが原因の場合です。そういった場合には、自然と治ることはありませんので、手術をする必要があることがあります。
このように、腰痛にもいくつかの種類がありますので、自分自身がどういった症状なのか、整形外科などでしっかりとこれを見極めて貰う必要があります。
また、それ以外にも、慢性的な腰痛であり、たとえば職業病などで抱えていたり、ちょっとした痛みが日常的にあるという場合があります。この場合には、マッサージだったり、ストレッチ、運動などで治すことができたりします。簡単な運動、お風呂でマッサージをすることによって、ちょっとした痛みなら改善することができます。
しかし、この場合、間違った方法でストレッチやマッサージをしてしまうと余計に痛みがひどくなってしまうこともありますので、注意をするようにしましょう。腰痛によく効果があるマッサージやストレッチなどは病院の整形外科で案内されていたり、体操という形で情報が掲載されていますので、そういったマッサージやストレッチがおすすめとなっています。
また、腰痛の原因ですが、これは自分の生活習慣が原因となっていることが多いです。たとえば、普段から、腰に負担がかかってしまうことが多いので、そういった日常の動作などを見直して見るようにしましょう。普段の動作を見直してみたり、あとは肥満が原因のこともありますので、これも改善すると良いでしょう。

月に一度の美容室と、無添加のシャンプーリンス、

現在、黒髪のロングヘアーですが年齢とともに髪がパサつきやすくなってきました。切れ毛も目立ち、頭頂部も少しずつ薄くなっています。どうしたものかと行きつけの美容室で相談すると、ヘッドスパを勧められました。ヘッドスパを定期的に行うことで、髪の毛に栄養補給をして潤いを与えるのです。料金も高くないことから、私は月に一度のへ通いをすることにしました。

更にそれに並行して、今まで使用していたシャンプーとリンスを見直してみようと思いました。今まで使っていたものは、言わば匂いと安さが重視でした。ロングヘアーなため消費量が半端ないので、できるだけコストの安いものを選んでいました。

一度処方箋薬局へ行った際に、髪に良いとされるシャンプーリンスが売られていたのを思い出し、早速見に行ってみました。値段は正直高かったのですが、薬剤師の方が説明してくれた内容を聞くと安さだけではもう選んではいけない年齢なのだと痛感しました。

試しにシャンプーとリンスを購入してみることにしました。使ってみた感想は、シャンプーはお世辞にも気持ちが良いとは言えませんでした。ゴワゴワして毛がまとまらずに手ぐしでは通らないほどでした。しかしこれは無添加だからなのです。今まで市販で購入していたシャンプーは、いろんな化学物質が含まれていて、だからシャンプーだけでも潤ったように感じるのです。その化学物質が加齢とともに頭皮に悪さをすることを私は初めて学んだのでした。

ゴワゴワした髪もリンスをすれば直ぐにサラサラになってくれます。このリンスも不要なものは使っていません。洗い流した後の頭皮のすっきり感には驚きました。やはり値段は少なからずものを言うのだと思いました。

それからと言うもの、私は月1のヘッドスパで頭皮マッサージをしてもらい、自宅では無添加のシャンプーリンスを使用しています。その結果、パサつきはなくなり髪のボリュームも復活しました。今後も髪に良いものをたくさん取り込んでいきたいと思います。

いま、使っているシャンプーはうるおってシャンプーというシャンプーです。

洗浄成分が、ヤシ油由来の天然アミノ酸。99%が植物由来で、シリコンはもちろん、石油系界面活性剤を使用していないので敏感肌の方にもおすすめです。

美しい髪を保つための、日々の努力

私自身髪の手入れには気をつけているほうです。

30代になった頃から、髪がよく抜けるようになりました。

自分では気が付いていなかったのですが、ある日知り合いの人が私の頭を上から見て、

とても苦労しているようだ、髪がなくなっているという一言を聞いて衝撃をうけました。

それで自分でも見てみると本当に頭が薄くなっているのです。

その日以来いろいろと工夫をするようにしています。

いろんなシャンプーを試してみたのですが、今気に入っているのが漢方のシャンプーといわれるものです。

ペパーミントも入っているという話で、洗うと頭がスーっとするような気がします。

髪のツヤもよくなっているようだし、何よりも地肌が丈夫になって髪が抜けにくくなるという話です。

試して1年くらいになりますが、なんとなくいい感じです。

ただ問題は高価だという点で、少しずつ使っているしだいです。

それからシャンプーの時には、地肌をマッサージするようにシャンプーするようにしています。

髪が抜けそうで、そっとシャンプーしていたのですが以外にも強くシャンプーをするほうがいいという話を美容院で聞きました。

頭の血行がよくなるので、強くマッサージすると毛根が丈夫になるという話でした。

その他にもブラシをする時にも、マッサージをするなどして、いろんな点で髪と地肌の健康のために努めています。

どういう点で効果があったのか分からないのですが、髪のツヤのよさはいつも褒められていると共に、以前よりも髪が丈夫になったようです。

いいという内容はこれからも努力したいと思っています。

「アイスクリーム頭痛」じゃなくて「かき氷頭痛」

毎日暑いなぁーって思っていたのですが、今年は猛暑というわけでもないんですね。
長雨や低気温の影響でアイスの売り上げが伸びず、アイス・氷菓メーカーにとっては試練の夏になっているそうです。私なんか暑く暑くて、毎日のようにアイスを食べてるのに、他の人たちはそうじゃないの?と、ちょっと意外な感じです。大人気の「ガリガリ君」ですら減産体制に入ったそうで、他のアイス・氷菓メーカーも軒並み販売減になっているらしいです。
日本アイスクリーム協会によると最高気温が22度を超えるとアイスクリームが売れて、30度を超えると氷菓やかき氷が売れやすくなるんだそうです。私はアイスクリームが大好きで、いくら暑くても氷菓やかき氷は食べません。頭がキンキンしちゃうからダメなんですよね。ダメの境目はロッテの「爽」で、ものすごく暑いときなら半分くらい食べられますが全部は無理です。小さめのアイスでも、氷菓だとすぐに頭がキーンとしてしまうので食べないようにしています。
この、頭がキンキンする現象にはアイスクリーム頭痛っていう名前が付いているんですね。冷たいものを急に食べることで起きる現象だそうです。でも、私の場合はアイスクリームなら急に食べてもたくさん食べても大丈夫なのに、ちょっとでも氷が混ざっているともうダメなんです。
かき氷で頭が痛くなるっていう人は多いですから、「アイスクリーム頭痛」より「かき氷頭痛」っていう名前の方がふさわしいんじゃないでしょうか。

A○KAさんについて

最近、芸能ニュースが静かですね。
昨日のワイドショーも海外のゴシップを特集していたくらいなのでネタがつきてきたんでしょうか?
レオナルドディカプリオの不倫ゴシップ、興味ありますか?
もうディカプリオだって中年です。お腹も出ちゃってますし、昔くらいのイケメンでもないような気がします。
だったら何してもいいのか?ってなりますが私には興味はないという話です。
二日続けてこのゴシップが流れていたのでもうお腹いっぱいです。
そんな時に、突然のASKAです。
何をしたのかと思いきや、ファンと一緒にミュージックビデオの撮影をしたという話題でした。
独占インタビューにも答えたんですね。驚きました。
その様子を少し見ていました。今日のワイドショーはそのASKAのインタビューがメインのようでしたね。
私は、もともとチャゲアスのファンではありません。なので、ファンのように逮捕がショックだったりすることはありませんでしたが彼のブログの不自然さにはかなりの衝撃を覚えました。
最近、家族の間でも「ギフハブ」の話題になったのですが「俺が見つけた!」と言っていた割には正体を見つけてないという事実。
盗聴、盗撮されていると騒がなくなった不自然さなんかを話していたんですが彼の話し方ってスゴく癖があってなんていうか...気持ち悪いんです。
歌い方の癖は良いにしても。あの独特の話し方が個人的には苦手です。
復帰を喜ぶ人もいるので一概には言えませんが、薬物と縁が切れているといいですね。